PR

ゴルフボールの価格相場と選び方【初心者におすすめは?ゴルフ歴60年のアドバイス掲載】

ゴルフボールの価格相場ゴルフ

ゴルフボールの価格相場、各ブランドを徹底比較。選び方とおすすめをご紹介しています。

ゴルフ場にコースデビューする時、絶対に必要となるのがゴルフボールです。

「たかがボールと、あなどるなかれ」。

ゴルフボールは「あなたのプレーを左右」します。

さらに「スイングを支配」します。

そのため「ゴルフボールとスイングとの関係」をよく研究しておきましょう。あなたのゴルフライフを左右するのですから。

この記事ではゴルフボールの価格相場・選び方・安くする方法などを紹介していきます。

この記事でわかること
  • ゴルフボールの価格はどのくらいなのか
  • ゴルフボールで初心者におすすめのメーカーはどれか
  • ゴルフボールで安くてコスパの良いものはどれか
  • ゴルフボールで評判の高いメーカーはどれなのか
  • 当記事は料金相場.jpが独自に制作しています。広告出稿や商品提供等を受けることもありますが、コンテンツの内容やランキングの順位決定等には関与しておりません、中立の立場で監修者等の専門家等のアドバイスも得つつ、ユーザーファーストを目指しコンテンツを作成しております。
  • 当記事は料金相場.jp(運営:株式会社ContextJapan)と提携する会社のPR情報が含まれています。
  • コンテンツをどのように作成しているのか、作成方法・詳細は料金相場.jpのコンテンツ制作・運営ポリシーをご覧ください
ゴルフ場経営者 三河恵様
この記事を監修いただいた専門家

企業経営者・ゴルフコンサルタント 三河恵
企業経営者:工場・ソフトハウス・物販・経営コンサルタント(ゴルフ関連を含む多業種約1千社)
・ゴルフ歴60年。60年前から練習を始め50年ほどのラウンド経験。ゴルフ場経営者・支配人などにコンサルを提供。著書多数。

ゴルフ歴は60年。60年前から練習を始め50年ほどのラウンド経験。ゴルフ場経営者・支配人、レッスンプロ、ゴルフショップ経営者などにコンサルをしてきた。35年前から著作活動。単行本、雑誌、メールマガジン、ホームページ、ブログなど数万記事の著作物。【ゴルフ業界】(スウィング論、クラブ選択とスウィング論、ゴルフ場評価、ゴルフ人口減少問題に取り組んできた)。【自動車業界】(カルロスゴーン問題・トヨタ「TNAG」「ウーブンシティ―」・品質問題、EV・FCV・水素とロータリーエンジンなど)。
特に現在では、4スタンス理論を皆さんに推奨している。それは「モダンゴルフ」、「アスレティックスウィング」では、ある優れたゴルファーの成功事例に相当するが、「4スタンスゴルフ」では、4つのタイプに分類し、誰にでも通用するスイング論であるからだ。どの様な「論理」にとっても、この普遍性は最重要であると考えている。

 

◆公式サイト:知恵の輪サイト
お勧め頁:【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(1)】~(61)

ゴルフボールについて初心者が知っておきたいこと

ゴルフグッズの中でプレーに欠かせない重要な道具が、ゴルフボールです。

ゴルフ練習場では、ゴルフボールはレンタルですので買いそろえておく必要はありません。

むしろマイボールを練習場に持ち込んで打つのはマナー違反です。

マイボールが必要となるのは、実際にゴルフコースを廻るようになったタイミングです。

ゴルフコースを廻っていると、OBや池に飛ばしてしまったり紛失したりしてゴルフボールがなくなることがあります。何個準備しておけばいいのでしょうか。

初心者の時、「スロープレー(ハーフ2時間半以上)」にならないため、林などに打ち込んでしまった場合はボールを捨ててでも前進することを覚悟しなければなりません。

その時、どれほどのボールが必要になるかは、練習量と、ゴルフコースの特性・セッティングにより大きく異なります。

私はコースデビュー前、10年間ほど練習し、初ラウンドは銀行主催のコンペで、正式に競技して1ラウンド102で回りました。

それでもミスショットした時は、クラブを3本自分で担いで走って、皆さんに遅れないようにしていました。

マナーとしては1ラウンド「72+36=108(ダブルボギーペース)」以内の腕前になってからコースデビューすることが求められています。

そのため、コースデビューを急いでいた場合、パー72のコース設定で160も叩く人もいます。

これはマナー違反ですが、早めにゴルフの楽しみを味わってみることも必要なので、その場合、ミスショットしたらゲームを諦めボールを捨てたり、手で拾って前進することが要請されます。

そこで、初心者の頃はコースへ携帯するボールの数は「20以上」と心得てください。安いボールが必要です。

もしもどうしてもボールが足りなくなった場合や、忘れてきてしまった場合などには、クラブハウスのショップで買い求めるといいでしょう。

でも高いですので忘れないように。

スピン性能に強いスピン系と、飛距離を出しやすいディスタンス系とがあります(※)。スピン系は上級者向けだと言われているので、ディスタンス系を選ぶようにするといいでしょう。
GDOゴルフショップより

最近では両方の性能をそこそこ備えた万能型もあります。

スピン系とディスタンス系の違い

スピン系とディスタンス系の違い

GDOゴルフショップ公式サイトより抜粋)

ゴルフボールの価格相場:1ダース1,780円~6,415円

ゴルフボールの価格相場

以下では、代表的なゴルフボールの価格相場を紹介していきます。

ゴルフボールの価格相場は、1ダース(12球入り)で1,780円~6,415円です。

最安値は、Callawayの「WARBIRD」で1,780円です。

最高値は、タイトリストの「Pro V1」で、6,415円となっています。

この最高値「Pro V1」の初代モデルは、「品質精度の高さ」でタイガーウッズなどトッププロの間で支持され、話題になったボールです。

高精度はトッププレーヤーにとっては重要なことで、ブリジストンなど日本のメーカーも得意とするところです。タイガーウッズはブリジストンのボールに変更しています。

しかし、安いボールでも、初心者を始め我々アベレージゴルファーにとっては判断がつかないほどの品質のばらつきであり、高い値段を払う価値は認められません。

Callaway(キャロウェイ)WARBIRD:1,780円~

Callaway(キャロウェイ)のWARBIRD(ウォーバード)の価格は、楽天市場で1ダース・1,780円となっています。つるやゴルフでは2,640円、ゴルフ5では1,980円、二木ゴルフで2,640円です。

ウォーバードゴルフボールの価格相場

ウォーバードゴルフボールの価格相場

楽天市場より価格抜粋)

ショップ価格
Amazon1,991円
楽天市場1,780円
つるやゴルフ2,640円
ゴルフ51,980円
二木ゴルフ2,640円

(※通販サイトでの料金一覧:2023107日時点)

構造は2ピースのシンプルなものとなっています。

ウォーバードはディスタンス系のゴルフボールで、しっかりと飛距離を伸ばしたい方におすすめです。

運営会社名キャロウェイゴルフ株式会社
会社住所〒108-0071
東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル
電話番号0120-738-884
料金1,780円〜
お問い合わせ先https://www.callawaygolf.jp/jp/contactus
店舗情報全国に展開(※詳しくはこちら)
特徴タイプはディスタンス系で、適応ヘッドスピードは全領域です。
公式HPhttps://www.callawaygolf.jp/

BRIDGESTONE EXTRA SOFT:2,707円~

BRIDGESTONE(ブリヂストン)のゴルフボール「EXTRA SOFT(エクストラソフト)」の価格は、Amazonで1ダース・2,707円となっています。つるやゴルフ、ゴルフ5、二木ゴルフで3,168円です。

エクストラソフトの価格相場

エクストラソフトの価格相場

Amazonより価格抜粋)

ショップ価格
Amazon2,707円
つるやゴルフ
3,168
ゴルフ53,168円
二木ゴルフ3,168円

(※通販サイトでの料金一覧:2023107日時点)

ブリジストンのエクストラソフトはディスタンス系に寄った設計のゴルフボールです。

よく飛ぶと評判で、コストパフォーマンスにも優れている一品です。

運営会社名株式会社ブリヂストン
会社住所〒104-8340
東京都中央区京橋三丁目1番1号
電話番号0120-116613
料金2,707円〜
お問い合わせ先https://www.bs-sports.co.jp/callcenter/contact/
店舗情報ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO
特徴タイプはディスタンス系で2ピース構造、リーズナブルで高品質なボールです。
公式HPhttps://www.bs-golf.com/

ダンロップのスリクソン(SRIXON) TRI-STAR:2,970円~

「ダンロップ(DUNLOP) スリクソン(SRIXON)TRI-STAR」の価格は、Amazonで1ダース・3,104円となっています。ゴルフ5では2,970円、二木ゴルフでは3,960円です。

スリクソン TRI-STARの価格相場

スリクソン TRI-STARの価格相場

ゴルフ5より価格抜粋)

ショップ価格
Amazon3,104円
ゴルフ52,970円
二木ゴルフ3,960円

(※通販サイトでの料金一覧:2023107日時点)

ダンロップの「SRIXON TRI-STAR」は、大きな飛距離と優れたスピンコントロール性能を両立させたディスタンス系ゴルフボールです。

メイドインJAPANで、鋭い飛び方を実現してくれます。

運営会社名住友ゴム工業株式会社 スポーツ事業本部
会社住所〒651-0072
兵庫県神戸市中央区脇浜町三丁目6番9号
電話番号0120-65-3045
料金2,970円〜
お問い合わせ先https://sports.dunlop.co.jp/golf/inquiry/
店舗情報全国に展開(※詳しくはこちら)
特徴タイプはディスタンス系、空気抵抗を抑えながら高く上がりやすい高弾道338ディンプルを採用しています。
公式HPhttps://sports.dunlop.co.jp/golf/

BRIDGESTONE(ブリヂストン)TOUR B X:5,049円~

BRIDGESTONE(ブリヂストン)TOUR B X の価格は、アマゾンで5,049円となっています。つるやゴルフでは6,930円、ゴルフ5では6,930円、二木ゴルフでは6,930円です。

TOUR B Xの価格相場

TOUR B Xの価格相場

Amazonより価格抜粋)

ショップ価格
Amazon5,049円
つるやゴルフ6,930円
ゴルフ56,930円
二木ゴルフ6,930円

(※通販サイトでの料金一覧:2023107日時点)

ブリジストンの「TOUR B X」は、スピードをコントロールしやすくなるテクノロジーが搭載されているゴルフボールです。

ディスタンス系とスピン系、双方の特徴を持った「第三のボール」と言われ、初心者でも使いやすいボールといえるでしょう。

運営会社名株式会社ブリヂストン
会社住所〒104-8340
東京都中央区京橋三丁目1番1号
電話番号0120-116613
料金5,049円〜
お問い合わせ先https://www.bs-sports.co.jp/callcenter/contact/
店舗情報ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO
特徴タイプはスピン系、風に強い弾道と高い飛距離性能を発揮します。
公式HPhttps://www.bs-golf.com/

TITLEIST TRUFEEL:2,379円~

「TITLEIST(タイトリスト)のTRUFEEL(トゥルーフィール)ゴルフボール」の価格は、Amazonで2,379円となっています。ゴルフ5と二木ゴルフでは2,640円です。

トゥルーフィールの価格相場

トゥルーフィールの価格相場

Amazonより価格抜粋)

ショップ価格
Amazon2,379円
ゴルフ52,640円
二木ゴルフ2,640円

(※通販サイトでの料金一覧:2023108日時点)

タイトリストのトゥルーフィールは、ソフトな打ちごたえを感じることができるディスタンス系のゴルフボールです。

タイトリストのボールの中でも、最もソフトに仕上げられているのが特徴です。ロングゲームでは飛距離を伸ばしてくれるでしょう。

運営会社名アクシネット ジャパン インク
会社住所〒107-0061
東京都港区北青山2丁目11番3号 A-PLACE青山
電話番号0120-935-325
料金2,379円〜
お問い合わせ先https://www.titleist.co.jp/amss/inquiry/?site=titleist
店舗情報東京・埼玉・福岡など(※詳しくはこちら)
特徴タイトリストゴルフボールで最もソフトな打感を備えたボールです。
公式HPhttps://www.titleist.co.jp/

TITLEIST Pro V1:6,415円〜

TITLEIST(タイトリスト)のPro V1(プロV1)の価格は、Amazonでは6,415円、つるやゴルフ、二木ゴルフとも7,150円となっています。

Pro V1の価格相場

Pro V1の価格相場

Amazonより価格抜粋)

ショップ価格
Amazon6,415円
つるやゴルフ7,150円
二木ゴルフ7,150円

(※通販サイトでの料金一覧:2023108日時点)

タイトリストのPro V1は、プロ仕様で初心者でも打ちやすいスピン系のゴルフボールです。

ロングゲームではスピン量が低減され飛距離が伸びます。ショートゲームでは、スピン系ならではのコントロール性が発揮されることでしょう。

運営会社名アクシネット ジャパン インク
会社住所〒107-0061
東京都港区北青山2丁目11番3号 A-PLACE青山
電話番号0120-935-325
料金6,415円〜
お問い合わせ先https://www.titleist.co.jp/amss/inquiry/?site=titleist
店舗情報東京・埼玉・福岡など(※詳しくはこちら)
特徴タイプはスピン系、世界ツアー使用率No.1のゴルフボールです。
公式HPhttps://www.titleist.co.jp/

ゴルフボール価格一覧・比較表 まとめ

以上、6つの人気ゴルフボールの価格相場を紹介してきました。表の形で改めて整理しなおします。

商品名価格相場タイプ適応ヘッドスピード弾道特徴
Callaway
WARBIRD
1,780円〜ディスタンス全領域中弾道・2ピースのシンプルな構造
・飛距離を伸ばしたい方におすすめ
BRIDGESTONE
EXTRA SOFT
 2,707円〜  ディスタンス  45m/s以下  高弾道 ・ソフトな打感で大きく飛ぶ
・コストパフォーマンスにも優れている一品   
DUNLOP
SRIXON TRI-STAR
2,970円〜ディスタンス35m/s~高弾道・優れたスピンコントロール性能
・打感が柔らかすぎず硬すぎず丁度良い
BRIDGESTONE
TOUR B X
6,300円〜ディスタンス
&スピン
ふつう~早め中弾道・初心者でも使いやすいボール
・風に強い弾道と高い飛距離性能を発揮
TITLEIST
TRUFEEL
2,379円〜ディスタンス全領域中低弾道・極めてソフトな打感
・グリーン周りで優れたコントロール性能を発揮
TITLEIST
Pro V1
6,415円〜スピン全領域中弾道・プロ仕様で初心者でも打ちやすい
・優れたスピンコントロール性能を発揮

ゴルフボールの価格相場は、1ダースで1,780円~6,415円です。

最安値は、ダンロップの「Callaway WARBIRD」で1,780円です。ディスタンス系のボールで、中弾道でソフトなフィーリングが特徴のボールです。

最高値は、タイトリストの「Pro V1」で、6,415円となっています。プロ仕様で初心者でも打ちやすい高品質なゴルフボールなので、どんなコースにも対応できます。

初心者におすすめのゴルフショップ

初心者の方は、ゴルフショップに実際に足を延ばし、店員さんに質問や相談をしながら買い物をするのがおすすめです。ひいきのゴルフショップ・店員さんができれば、上達した後も心強い味方となってくれるでしょう。

今回の記事では、初心者におすすめのゴルフショップ3店舗を紹介していきます。

つるやゴルフ

つるやゴルフといえば、全国に広く展開しており、店舗数はなんと100店舗以上というメジャーなゴルフショップです。

チェーン店ですが、ゴルフ知識に富んだ店員さんが各店舗に在籍していますので、安心してください。

つるやゴルフ

つるやゴルフ

つるやゴルフ公式サイトより、ゴルフボールを多数販売しています。)

商品価格
Callaway WARBIRD2,640円
ブリヂストン エクストラソフト3,168円
BRIDGESTONE TOUR B X6,930円
運営会社名つるや株式会社
会社住所〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町3丁目3番5号
電話番号06-6281-0222
お問い合わせ先https://ec.tsuruyagolf.co.jp/
contact/contact_1.php
店舗情報全国各地に約100店舗(※詳しくはこちら)
公式HPhttps://ec.tsuruyagolf.co.jp/

ゴルフ5

ゴルフ5は、あのスポーツデポと同じグループ・系列のゴルフ専門店です。

チェーン店の数は全国に200近くあり、全国でもトップクラスのゴルフ店といえるでしょう。店員さんのサービスはもちろん、品ぞろえも満足のいくものとなっています。

ゴルフ5

ゴルフ5

ゴルフ5公式通販より、充実した品ぞろえでゴルフボールを扱っています。)

商品価格
BRIDGESTONE TOUR B X6,930円
TITLEIST TRUFEEL2,640円
ブリヂストン エクストラソフト3,168円
運営会社名株式会社アルペン
会社住所〒460-8637
愛知県名古屋市中区丸の内 2-9-40 アルペン丸の内タワー
電話番号0476-50-2627
お問い合わせ先https://store.alpen-group.jp/corporate/inquiry/
店舗情報全国各地に約200店舗(※詳しくはこちら)
公式HPhttps://store.alpen-group.jp/corporate/

二木ゴルフ

二木ゴルフは、全国に50近くの店舗を構える大手のゴルフショップです。

つるやゴルフやゴルフ5が揃えていない商品を取り扱っているケースもあるなど、充実した品ぞろえが評判です。店員さんも親切にアドバイスをしてくれますよ。

二木ゴルフ

二木ゴルフ

二木ゴルフ公式通販より、ゴルフボールの取り扱いをしています。)

商品価格
Callaway WARBIRD2,640円
TITLEIST Pro V17,150円
BRIDGESTONE TOUR B X6,930円
運営会社名株式会社二木ゴルフ
会社住所〒174-0053
東京都板橋区清水町66-3
電話番号0120-562-505
お問い合わせ先https://www.nikigolf.jp/contact/
店舗情報全国46店舗(※詳しくはこちら)
公式HPhttps://www.nikigolf.jp/product/ProductTop.aspx

ゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方

以下では、ゴルフボールの選び方のポイントを紹介していきます。

スペック表を確かめてボールの性能をチェックしたり、店員さんに尋ねて自分に合ったものを探したりするなどのポイントがあります。

スペック表を見る

ゴルフボールの箱の裏側には、そのボールの性能・スペックが掲載されています。どのような特徴を持っているかも書いてあります。初心者の方は、ゴルフボール選びの際、必ずこの裏面表示を見るようにしましょう。

通販で、裏面を見ることができない場合、裏面画像やスペック説明を掲載している通販サイトがないかを確認しましょう。

EXTRA SOFTのスペック表

EXTRA SOFTのスペック表

公式サイトより抜粋)

スペック表には、スピンとコントロールを重視する「スピン系」なのか、飛距離を重視する「ディスタンス系」なのかが表記されています。

初心者はスピン系を選んでおいた方が無難ですが、スピン系とディスタンス系の特徴を併せ持つ「第三のボール」も初心者におすすめです。

スペック表には、他にボールの硬さや、推奨されているヘッドスピードが書いてあります。ヘッドスピードはゴルフ店で測ることができますし、簡易測定器も販売されているので、自分の速度を知っておくようにしましょう。

しかし、初心者がスペック表からボールの性能の評価をすることは難しいことです。

そこで、一般的に評価の高い高級なボールの必要性はないので、安くてカバーの柔らかいボールを選んでおきます。その使い心地とスペック表を見比べて経験を積むのです。

店員さんのアドバイスもまちまちで、多くはディスタンス系を勧めてくるでしょうが、そこは我慢して飛距離を犠牲にしておくことを強くお勧めします。

商品名タイプ適応ヘッドスピード弾道
Callaway WARBIRDディスタンス全領域中弾道
BRIDGESTONE EXTRA SOFTディスタンス45m/s以下高弾道
DUNLOP SRIXON TRI-STARディスタンス35m/s~高弾道
BRIDGESTONE TOUR B Xディスタンス&スピンふつう~早め中弾道
TITLEIST TRUFEELディスタンス全領域中低弾道
TITLEIST Pro V1スピン全領域中弾道

店員さんに相談する

通販ではなく実店舗に通ってゴルフボール探しをする場合、ゴルフについての知識を持った店員さんと直接コミュニケーションをとることができます。

初心者なのに店員さんに質問なんてできない、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、初心者こそ店員さんからのアドバイスを受けるべきです。スピン系がいいのか、ディスタンス系がいいのか、使っているクラブとボールの愛称はどうなのか、など色々なことを聞いてみましょう。

Gridgeのゴルフ店員さん

Gridgeのゴルフ店員さん

Gridgeよりゴルフ店員さんの姿抜粋)

もちろん、あまり親切に答えてくれない店員さんや、知識が乏しそうな店員さんもいますので、その点については注意をしてください。

そのため、初心者の頃は「店員さんのアドバイスは参考意見」程度にしておくことです。「安いスピン系」にして、その使い心地とアドバイスの差を見ていくのです。

ゴルフボールを安く購入する方法

ゴルフボールを安く購入する方法

以下では、ゴルフボールを安くする購入方法について紹介していきます。

ロストボールを購入したり、Amazonなどを利用したりする方法があります。

ロストボールを購入する

ロストボールとは、池ポチャしてしまったり、林の中にOBで入ってしまって、紛失してしまった中古ボールのことです。新品で購入するよりもはるかに安い価格で購入することができるのが特徴です。

注意が必要なのは、どのくらいの期間放置されていたのかが不明な点です。

洗浄を丹念にして見栄えが良いだけで選んでいますので、ゴムの反発力などの劣化がどのくらい進んでいるのかが不明で、品質に大きなばらつきがあるのです。

ゴルフゲームの精度を考えると、コースでは本当に初心者の頃にしか利用はお勧めできません。

今回紹介したショップでは二木ゴルフがロストボールを通信販売しています。

二木ゴルフのロストボール

二木ゴルフのロストボール

二木ゴルフから抜粋)

一度使われていたものですし、水の中に入るなどしているので、品質の劣化は否めません。実際にコースで使うには適していないボールも少なくありません。状態が悪いものは、練習用などとして売られています。

Amazonなど通販を利用する

この記事ではAmazonとゴルフショップ通販の商品を比較紹介してきましたが、Amazonや楽天などのネット通販が最安値となるパターンが数多くありました。店舗代がかからない分、通販専用サイトは値段が安くなる傾向にあるのです。

少しでも安くしたい場合、各ショップの通販料金だけではなく、Amazonや楽天の通販料金を確認するようにしましょう。

エクストラソフトの料金

エクストラソフトの料金

Amazonより抜粋)

当記事監修者、ゴルフ歴60年の三河恵様よりゴルフボールの選び方をアドバイス

ゴルフコンサルタント 三河 恵様
ゴルフコンサルタント
三河 恵様

ゴルフボールの選び方についてアドバイスさせていただきます。

初心者のゴルフボールの選び方 ディスタンス系よりスピン系を使おう

「自分に合ったボールは値段では決まらない」と言い切れます。

初心者のボールの選び方と言うと「ディスタンス系」と言われがちですが、これは大半のゴルファーにとって誤りです。

初心者・アベレージゴルファーの基本は、評価の高い高級なボールはいりません。「安いスピン系ボール」と覚えておいてください。

ボール選びはヘッドスピードを基準に選ぶ

ゴルフボールはヘッドスピードを基準に選ぶことが必要で、アマチュアゴルファーの大半(90%ぐらい)は、地面に置いたボールを打つにはヘッドスピードが不足しており、たとえティーアップしたドライバーショットでもスピン量が不足しボールが上がらないのです。

そのため、ボールを上げようとしてスイングを壊してしまいます。少しでもボールを上げやすくするには「スピン系」のボールでキャリーを伸ばし、無理なスイングにならないことを狙うのです。

少数の「ふけあがる」ゴルファーでも、初心者の時は飛距離を犠牲にして、正確性を求めることが上達のカギとなるのです。

男子アマチュアの平均ヘッドスピードは40~42m/sec程度

男子アマチュアの平均ヘッドスピードは40~42m/secで、このレベルは女子プロのレベルです。

これだと低重心化した現代のドライバーヘッドでは、ふけあがってしまうよりドロップしてしまう人が大多数です。

多くのアマチュアの平均ヘッドスピード40~42m/sec程度のゴルファーには「スピン系ボール」が最適です。

自分のヘッドスピードを測れる時代なので、練習を積むごとにヘッドスピードが上がっていくのが、練習成果が上がっている証拠です。

すると、ヘッドスピードが上がっていくにつれて、クラブもボールも変えていく必要があります。初心者の時は飛距離を求めず、評価の高い高級なボールはいりませんので、安い「スピン系ボール」が選び方として良好です。

ボールの構造を知っておこう

ボールの構造である「コア・ミッド・カバー・ディンプル」の役割ぐらいは理解しておくと、ゴルフプレー中の判断ができてきます。

例えば:①泥の付いたボールを打つことは大変難しいことで、方向・飛距離とも慎重な判断が必要です。その時、ディンプルの役割が理解できていることが必要となります。

また、②芝に沈んだ(ライが悪い)ボールをアイアンクラブで打つ時、ショートアイアンほど飛距離の判断は難しくなります。「フライヤー」と言われる現象が起こるからです。

プロが恐れる場面です。「スピンがなぜかかるのか?」を理解していることが必要です。

ボールの構造は難しいことではありません。ドライバーでは「コアの反発力」でボールは飛びます。カバーの反発力も加算されます。

ウェッジではカバーの柔らかさでスピンがかかります。

だから「コアはよくつぶれて強く戻る反発力」があったほうが良く、「カバーは粘着するようにウェッジの溝に食い込む柔らかさ」が良いのです。

しかし、コアは柔らかくてよくつぶれると元に戻りにくく、ある程度固くすることが要求されていました。

そこでカバーは固くして反発力を確保しようとしていたのですが、それだとウェッジなどアイアンでスピンがかかりません。ディスタンス系ボールの真実です。

合成ゴムの質が向上して、矛盾する柔らかく反発力のあるコアが出来るようになり、カバーも柔らかくすることが出来るようになってきました。ディスタンス・スピンを両立できるボールです。

もし、ディンプルがなければボールは半分しか飛ばないほど、基本技術としては「飛び」には大きく影響します。しかし、ヘッドスピードやスピン量ほど、現代の各メーカーの平均化したディンプルに関する技術では、飛距離に影響することはほとんどありません。

「飛ばしたい」が問題、「急がば回れ」

では、ディスタンス系ボールの人気が高いのはなぜでしょう?

単に、「飛ばしたい」のが人情だからなのです。

高度なレベルのプロでは「飛距離は武器」になりますが、アマチュアレベルのショットのばらつきでは、怪我が大きくなるだけでスコアは良くなりません。

「飛ばしたい」を抑えて、「急がば回れ」です。

私は全盛期47m/secほどのヘッドスピードがあり、280ヤードほどの飛距離がありました。

でもそれは最大飛距離で、平均すれば200ヤードほどになってしまいます。そのためハンディキャップ11で、シングルプレーヤーになれず涙をのみました。

練習量も、月一回の打ちっぱなし練習場100球ほどしかなく、ラウンドも月1回平均です。その割には良いスコアを出してきたと思っています。

でも、もう少し飛ばなければミスショットが少なかったと思うのです。それでも短いコースではミドルホール(パー4)で1オンを狙ったりできるのが自慢だったのですが。

でも、「飛ばしたい」というこだわりが招いた災いです。

シングルプレーヤーでも、同伴者にオーバードライブされるといやな顔します。

プロでレベルの違うゴルフを見せてくれていても、ドライバーで私がオーバードライブすると、あからさまに機嫌が悪くなります。

それが、誰もが「飛ばしたい」と願うゴルフの基本なのです。多くの女性でも飛距離は第一となっていますね。

初心者の時は飛距離を気にせず、「スピン系ボール」で高い球を打つ練習を繰り返してください。すると、タイガーの得意なノックダウンショット(スピンでグリーンに止める低い弾道のアイアンショット)などの練習も出来てきます。「飛ばしたい」を抑え、「急がば回れ」です

おすすめのボール

メーカー:ムジーク
商品名:( 多くの女性に)「コルテオライト 39」3g軽量・(多くの男性に)「コルテオライト 42」6g軽量

Muziik(ムジーク)
¥3,100(2024/06/15 11:12:56時点 Amazon調べ-詳細)
ゴルフコンサルタント 三河 恵様
ゴルフコンサルタント
三河 恵様

皆様のお役に立てれば幸いです。

まとめ

以上、ゴルフボールについて様々な角度から紹介してきました。

ゴルフボールの価格相場は、1ダースで1,549円~6,930円と、ある程度価格帯に幅があります。

ゴルフボールを選ぶポイントとしては、高級品で評価の高いものでなく、初心者は「安いスピン系のボール」を選び、コースで実際に使って経験を積んで見つける方法をお勧めします。

試打して決めたくても練習場ボール以外の試打を許してくれる練習場は少ないですし、スペックでは見当をつけるぐらいにしかなりません。

店員さんのアドバイスも「自身の経験、またはスペックの勉強だけであったり」と自分にマッチしたボールを見つけるのはラウンドしながらが的確でしょう。

基本はドライバーの飛距離を求めるより、ショートゲームでの逆スピンのかかりやすさを基準とすることです。スピン系ボールはスコアメイクには圧倒的に有利だからです。飛距離重視はその後、別途考えていきましょう。

ゴルフボールを安くする方法としては、ロストボールを使う、Amazonなどを使う、という方法があります。

いかがだったでしょうか。ゴルフボール選びの参考となったのであれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

各ブランドのゴルフボールの比較表

画像callaway warbirdbridgestone extra softdunlop srixon tri-starbridgestone tour b xtitleist trufeeltitleist pro v1
ブランド名CallawayBRIDGESTONEDUNLOPBRIDGESTONETITLEISTTITLEIST
名称WARBIRDEXTRA SOFTSRIXON TRI-STARTOUR B XTRUFEELPro V1
価格相場1,780円〜2,707円〜2,970円〜5,049円~2,379円〜6,415円〜
タイプディスタンスディスタンスディスタンスディスタンス
&スピン
ディスタンススピン
適応ヘッド
スピード
全領域45m/s以下35m/s~ふつう~早め全領域全領域
弾道中弾道高弾道高弾道中弾道中低弾道中弾道
特徴ウォーバードはディスタンス系のゴルフボールで、しっかりと飛距離を伸ばしたい方におすすめです。その名の通り、ディスタンス系に寄った設計のゴルフボールです。ややソフトなフィーリングのディスタンス系ゴルフボール。メイドインJAPANで、鋭い飛び方を実現してくれます。スピードをコントロールしやすくなるテクノロジーが搭載されているゴルフボールです。タイトリストのボールの中でも、最もソフトに仕上げられているのが特徴です。プロ仕様で初心者でも打ちやすいスピン系のゴルフボールです。

各ゴルフボールの詳しい特徴・価格詳細をもう一度見る⇑

関連記事

ゴルフをこれから始めようと思っているのであれば、まずはゴルフレッスンを受けることをおすすめします。

独学で、間違ったフォームを見につけてしまうと、なかなか上達ができないというのが定説です。

ゴルフレッスンの情報については「ゴルフレッスンの料金相場と選び方」で詳しく解説していますので参考に。

ゴルフレッスンの料金相場と選び方、安くする方法【各スクール徹底比較】
ゴルフレッスンの料金相場と各スクールの特徴を徹底比較。選び方や目的別におすすめスクールをご紹介しています。 ゴルフレッスンの料金相場は都度払い4,334円~、月額10,000円〜99,000円 、一括払いのスタジオは164,200円〜697...

また、ゴルフに関する情報は他にもございますのでお役立てくださいね。

ゴルフに関する他の記事も見る

著者情報等

この記事を書いた人

株式会社ContextJapanライターチーム

株式会社ContextJapan、料金相場.jpのライターチーム、平均ライター歴10年以上、様々なサービスを自身が体験し、質の高い調査記事を作成しています。ゴルフについても知識あり、記事作成に当たり実際にゴルフボールを使用した経験をもとに作成。口コミ、体験談なども募集し、各ゴルフボールのメリット・デメリットを徹底調査しています。調査力の高さ、記事の信頼性に定評のあるライターチームです。代表は公認会計士の資格を持っています。
コンテンツ作成責任者・ライター詳細はこちら

※記事で紹介したゴルフボールを購入しますと、料金相場.jp(運営:株式会社ContextJapan)に売上の一部が還元されることがあります。
※掲載されている情報は、料金相場.jp(運営:株式会社ContextJapan)が独自にリサーチした時点の情報です。掲載価格に変動がある場合や転記ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格やサービスの詳細等については、各ゴルフボールメーカー公式サイトよりご確認ください。