PR

スタッドレスタイヤの価格相場と選び方【各メーカー徹底比較】

スタッドレスタイヤの価格相場車関連
スタッドレスタイヤの価格相場と選び方をご紹介。各メーカー徹底比較しています。
  • スタッドレスタイヤをどれにすればいいかお悩みの方のために、最適な選択をしていただくために当記事は作成されています。
  • スタッドレスタイヤの価格相場は1本当たり3千円~4万5千円ほどです。
  • タイヤ本体の価格+装着工賃1万円~が目安です。4本交換で10万円前後が相場です。
  • 「TIREHOOD」はスタッドレスタイヤの注文と交換予約がスマホで簡単にできます。全国のオートバックス対応。安くスムーズにタイヤ交換したい方向け。

雪が降る季節になると、車のタイヤをスタッドレスタイヤにする必要があります。

雪道によるスリップ事故などを防ぐためにも、雪が多く降る地域ならなおさら用意しておく必要がありますよね。

しかし

「スタッドレスタイヤは何を選んでいいかわからない」

「価格相場はどれくらいなのかを知りたい」

「いまいち違いがわからない」

このような疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、おすすめのスタッドレスタイヤの価格相場を一挙にご紹介。

性能面やサイズなど、あまり知識がない方でも役に立つ選び方も解説していきます。

スタッドレスタイヤの購入または買い替えを検討されている方は、是非参考にしてください。

この記事でわかること
  • スタッドレスタイヤの価格はどのくらいなのか
  • スタッドレスタイヤでおすすめはどれなのか
  • スタッドレスタイヤで最もコスパの良いものはどれなのか
  • スタッドレスタイヤで評判の高いメーカーはどれなのか
  • 当記事は料金相場.jpが独自に制作しています。広告出稿や商品提供等を受けることもありますが、コンテンツの内容やランキングの順位決定等には関与しておりません、中立の立場で監修者等の専門家等のアドバイスも得つつ、ユーザーファーストを目指しコンテンツを作成しております。
  • 当記事は料金相場.jp(運営:株式会社ContextJapan)と提携する会社のPR情報が含まれています。
  • コンテンツをどのように作成しているのか、作成方法・詳細は料金相場.jpのコンテンツ制作・運営ポリシーをご覧ください
✓この記事の要点まとめ
  • スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の価格相場、各メーカーの特徴比較、選び方をご紹介しています。
  • スタッドレスタイヤの価格相場1本あたり6,245円~83,930円。
  • 通常は4本交換、交換費用が5,000円~10,000円ほどで、合計の費用相場は5~10万円前後です。
  • スタッドレスタイヤは「ノキアンタイヤ HAKKAPELIITTA R5」「ブリジストン BLIZZAK VRX3」「ダンロップWINTER MAXX SV03」「グッドイヤーICE NAVI 8」「ブリヂストンBLIZAKK DM-V3」「ヨコハマタイヤiceGUARD 7 IG70」「TOYO TIRE「Winter TRANPATH TX」「MICHELIN X-ICE SNOW」等が有名です。
  • 安く、スムーズにスタッドレスタイヤを交換したいなら「TIREHOOD」がスマホで簡単注文、全国のオートバックスで交換予約ができます。どのタイヤが良いかわからない方も丁寧に対応してくれます。
  • スタッドレスタイヤの選び方」「安くする方法」も参考に。

目次
  1. スタッドレスタイヤについて
  2. スタッドレスタイヤの価格相場:1本当たり6,245円~83,930円【比較】
  3. スタッドレスタイヤの選び方
  4. スタッドレスタイヤを安く入手する方法
  5. スタッドレスタイヤのよくある質問・FAQ
  6. まとめ
  7. スタッドレスタイヤの売上ランキングも見てみよう。

スタッドレスタイヤについて

スタッドレスタイヤを知らない方のために、普通のタイヤとどう違うのか、なぜつける必要があるのかなどをまずは解説していきます。

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは、「スタッド(鋲)」が「レス(ない)」タイヤということです。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

引用:ダンロップ

一昔前までは、雪道などを車で走行する際、タイヤに鋲(びょう)が付いたスパイクタイヤが主流でした。

しかし道路や路面を削りながら走ると粉塵などの悪影響につながるとして、鋲がないスタッドレスタイヤが現代では主流となっています。

夏用タイヤとの違い

スタッドレスタイヤと夏用タイヤの違いは「ゴムの質」にあります。

スタッドレスタイヤの特性

スタッドレスタイヤの特性

引用:ダンロップ

スタッドレスタイヤのゴムは冬道に性能を発揮させる役割がありますので、雪道でもしなやかさを保つことができる性質を持っています。

スリップなどの原因になってしまう氷上の水膜を除去するために様々な工夫が施されており、技術の進歩とともに、高性能なスタッドレスタイヤが日々開発されているのです。

スタッドレスタイヤの装着方法

スタッドレスタイヤを購入すると、基本的にはタイヤ専門店など、購入したところに工賃を支払い、装着してもらえます。

工具さえあれば自分でも付け替えることはできますが、タイヤ4本すべてを交換するとなると、かなり重作業で時間がかかってしまいます。

スタッドレスタイヤへの交換

スタッドレスタイヤへの交換

引用:ダンロップ

素人の方がスタッドレスタイヤに交換することも可能ですが、ナットを締める順序を間違えたりすると危険ですので、できるだけタイヤ専門店などに装着してもらうようにしましょう。

スタッドレスタイヤの価格相場:1本当たり6,245円~83,930円【比較】

スタッドレスタイヤの価格相場

スタッドレスタイヤの価格相場は、1本当たり6,245円~83,930円です。4本交換で10万円前後が相場です。

人気のブランドのタイヤから、リーズナブルで手に入るものまで様々です。

そこでおすすめの8つのスタッドレスタイヤをご紹介していきます。

価格だけでなく、特徴や性能なども比較してみてください。

ノキアンタイヤ「ハッカペリッタR5」:15,010円〜83,930円

ノキアンタイヤ「ハッカペリッタR5」の価格相場は15,010円〜83,930です。

ハッカペリッタR5の価格相場

ハッカペリッタR5の価格相場

(※楽天より引用)

ハッカペリッタR5
通販サイト単品価格(税込
楽天15,010円〜79,860円
Yahooショッピング15,010円〜83,930円
タイプ乗用車用
タイヤサイズ175/65 R14 82R〜275/35 R20 102T XL(14〜20インチ)
ハッカペリッタR5 SUV
通販サイト単品価格(税込)
楽天20,670円〜97,284円
Yahooショッピング

13,200円〜111,540円

ハッカペリッタR5 EV
通販サイト単品価格(税込)
楽天33,743円〜139,392円
Yahooショッピング42,000円〜129,910円

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

ノキアンタイヤは世界初のウィンタータイヤを生み出した老舗のタイヤメーカーです。北欧でトップクラスのシェアを誇り、高いウィンター性能が世界中から評価されています。

そのノキアンタイヤから新型スタッドレスタイヤが登場。従来のタイヤより排水性・排雪性・高速操縦安定性に優れています。

ハッカペリッタ・アールファイブ(HAKKAPELIITTA R5)シリーズは国産車から輸入車まで幅広くカバーする乗用車用、SUVの特性に合わせてチューニングされたSUV専用、EVに最適な静粛性を追求したEV専用の3タイプです。

多くのカーメーカーからも冬用タイヤとして推奨されており、降雪地帯に住んでる方に特におすすめしたいタイヤです。

HAKKAPELIITTA R5の
詳細はこちら

製品名HAKKAPELIITTA R5
取り扱い会社名株式会社 阿部商会
会社住所〒101-0053
東京都千代田区神田美土代町3
電話番号03(3233)2671
料金
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせ
特徴騒音のレベルがサマータイヤ並みに低いこと、低燃費で環境に優しいことも特徴として挙げられます。
公式HPhttps://abeshokai.jp/nokian

ブリジストン「BLIZZAK VRX3」:8,677円〜82,977円

ブリヂストンが提供する「BLIZZAK VRX3」の価格相場は8,677円〜82,977です。

BLIZZAK VRX3の価格相場

BLIZZAK VRX3の価格相場

(※Amazonより引用)

通販サイト単品価格(税込)
オートウェイ29,990円〜39,990円
カーポートマルゼン(楽天市場)9,920円〜56,770円
Amazon8,677円〜82,977
タイプ乗用車用
タイヤサイズ135/80R12 68Q〜275/35R21 99Q(12〜21インチ)

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

BLIZZAK VRXシリーズは、さまざまな冬道に対応するスタッドレスタイヤです。

氷上でのブレーキやカーブ、重量のあるミニバンでも通常のタイヤと変わらない摩擦力で車を正常に働かせてくれます。

特徴である「非対称サイド形状」という複雑な設計となっており、車体のふらつきを軽減させました。

冬道だけでなく、乾いた路面での走行も安心感がありますので、秋から冬への早い切り替えが可能です。

BLIZZAK VRX3の
詳細はこちら

製品名BLIZZAK VRX3
運営会社名株式会社ブリヂストン
会社住所〒104-8340
東京都中央区京橋三丁目1番1号
電話番号0120-39-2936
料金
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://faq.bridgestone.com/faq/
特徴北海道/北東北主要5都市一般ドライバー装着率21年連続No,1の実績を誇っています。
公式HPhttps://tire.bridgestone.co.jp/

ダンロップ「WINTER MAXX SV03」:9,536円〜59,875円

ダンロップが提供する「WINTER MAXX SV03」の価格相場は、9,536円〜59,875円です。

WINTER MAXX SV03の価格相場

WINTER MAXX SV03の価格相場

(※楽天市場より引用)

通販サイト単品価格(税込)
オートウェイ
楽天市場
Amazon9,536円〜59,875円
タイプ乗用車用
タイヤサイズ165/80R13 83Q〜/275/35R21 99Q(13〜21インチ)

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

WINTER MAXX SV03は、氷上性能特化型の乗用車向けのスタッドレスタイヤです。

接地面積が広く、乗用車に求められる操縦安定性能を向上させたものとなっており、冬道だけでなく、通常の路面でも抜群の安定性を誇っています。

「ナノ凹凸ゴム」という独自の技術で、強力な氷上ブレーキを実現しました。

ゴムが減りにくく長持ちするので、長く走ってもタイヤがすぐにすり減ってしまう事がないので経済的です。

ダンロップ スタッドレス タイヤ・黒 鉄ホイール(ブラックスチールホイール) 4本セット WINTER MAXX SV01 145R12 6PR
不明

WINTER MAXX SV03の
詳細はこちら

製品名WINTER MAXX SV03
運営会社名住友ゴム工業株式会社
会社住所〒135-6005
東京都江東区豊洲3丁目3番3号(豊洲センタービル)
電話番号0120-39-2788
料金9,536円〜59,875円
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://tyre.dunlop.co.jp/otoiawase/
特徴しっかり踏ん張り、大きな面で密着して粘るので、スリップする心配はありません。
公式HPhttps://tyre.dunlop.co.jp/

グッドイヤーが提供する「ICE NAVI 8」の価格相場は、10,699円〜44,633円です。

ICE NAVI 8の価格相場

ICE NAVI 8の価格相場

(※Amazonより引用)

通販サイト単品価格(税込)
オートウェイ24,590円〜30,990円
カーポートマルゼン(楽天市場)15,500円〜39,780円
Amazon10,699円〜44,633円
タイプ乗用車用
タイヤサイズ165/80R13 83Q〜255/35R19 96Q XL(13〜19インチ)

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

最新のテクノロジーを搭載し、降雪地区での高い氷上・雪上性能を持ったスタッドレスタイヤです。

氷上で優れたグリップ力とコーナリング性能を発揮するので、凍った道でも安心して運転することができます。

グッドイヤー ICE NAVI 8 |215/55R18 95Q|& HAWNER W07|18×8.0 +35 120 5H〈BMW〉|スタッドレスタイヤホイール4本セット
ノーブランド品

ICE NAVI 8の
詳細はこちら

製品名ICE NAVI 8
運営会社名日本グッドイヤー株式会社
会社住所〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル3F
電話番号03-5572-7451
料金10,699円〜44,633円
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.goodyear.co.jp/contact/
特徴旧式のモデルよりもコーナリング性能・氷上ブレーキ性能・ライフをグレードアップさせた製品です。
公式HPhttps://www.goodyear.co.jp/

ブリヂストン「BLIZAKK DM-V3」:13,200円〜42,539円

ブリヂストンが提供する「BLIZAKK DM-V3」の価格相場は、13,200円〜42,539円です。

BLIZAKK DM-V3の価格相場

BLIZAKK DM-V3の価格相場

(※Amazonより引用)

通販サイト単品価格(税込)
オートウェイ18,590円〜27,990円
カーポートマルゼン(楽天市場)
Amazon13,200円〜42,539円
タイプSUV専用
タイヤサイズ175/80R15 90Q〜255/50R21 109Q(15〜21インチ)

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

「BLIZAKK DM-V3」は、SUV専用のスタッドレスタイヤで、冬道に力強さと安心感を与えてくれます。

氷上だけでなく雨の日でもしっかりとしたブレーキ性能を持っており、雪解けの道路でも役割を果たしてくれます。

摩耗の原因であるタイヤと路面の滑りを軽減し、長持ちするスタッドレスタイヤとなっています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥17,347(2024/06/15 13:00:39時点 Amazon調べ-詳細)

BLIZAKK DM-V3の
詳細はこちら

製品名BLIZAKK DM-V3
運営会社名株式会社ブリヂストン
会社住所〒104-8340
東京都中央区京橋三丁目1番1号
電話番号0120-39-2936
料金13,200円〜42,539円
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://faq.bridgestone.com/faq/
特徴SUV専用のゴムを搭載しており、さまざまな冬道でもしっかり止まる、曲がるを実現しました。
公式HPhttps://tire.bridgestone.co.jp/

ヨコハマタイヤ「iceGUARD 7 IG70」:10,700円〜54,252円

ヨコハマタイヤが提供する「iceGUARD 7 IG70」の価格相場は、10,700円〜54,252円です。

iceGUARD 7 IG70の価格相場

iceGUARD 7 IG70の価格相場

(※タイヤガレージマインドより引用)

通販サイト単品価格(税込)
オートウェイ
タイヤガレージマインド10,700円〜30,590円
Amazon11,286円〜54,252円
タイプ乗用車用
タイヤサイズ165/80R13 83Q〜265/35R21 101Q(13〜21インチ)

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

iceGUARD 7 IG70は、雪道でも安定したドライビングが楽しめるスタッドレスタイヤです。

性能だけでなく、低燃費性能も確保しており、夏用の低燃費タイヤに匹敵するほどのゴム設計となっています。

静粛性にも配慮しており、騒音を従来のタイヤよりも33%減。車内でタイヤの音を気にせずに快適にドライブすることができます。

ヨコハマ(YOKOHAMA)
¥34,650(2024/06/15 13:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

iceGUARD 7 IG70の
詳細はこちら

製品名iceGUARD 7 IG70
運営会社名横浜ゴム株式会社
会社住所〒105-8685
東京都港区新橋5丁目36番11号
電話番号0120-667-520
料金10,700円〜54,252円
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.y-yokohama.com/inquiry/form/
特徴iceGUARD特有の劣化抑制効果の高いウルトラ吸水ゴムの「永く効く」性能が特徴です。
公式HPhttps://www.y-yokohama.com/product/tire/

TOYO TIRE「Winter TRANPATH TX」:6,245円〜59,400円

TOYO TIRESが提供する「Winter TRANPATH TX」の価格相場は、6,245円〜59,400です。

Winter TRANPATH TXの価格相場

Winter TRANPATH TXの価格相場

(※楽天市場より引用)

通販サイト単品価格(税込)
オートウェイ
楽天市場6,245円〜59,400円
Amazon6,386円〜
タイプハイト系専用
タイヤサイズ165/65R14 79Q〜225/55R19 99Q(14〜19インチ)

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

WinterTRANPATH TXは、ふらつきを抑えた安定感のある走りと、進化したアイス性能を備えているスタッドレスタイヤです。

ブロック壁面の凹凸で支えあうことにより、制動時に高いエッジ効果を生み出します。なので氷上でのドライブも通常の路面と変わらないほどの操作性です。

操縦の安定性も優れており、独自の「スーパーハイターンアップ」という技術を搭載。ふらつきの抑制に優れ、安定性を高めます。

Winter TRANPATH TXの
詳細はこちら

製品名Winter TRANPATH TX
運営会社名TOYO TIRE株式会社
会社住所〒664-0847
兵庫県伊丹市藤ノ木2丁目2番13号
電話番号0800-3001456
料金
店舗情報
お問い合わせhttps://contact.toyotires.co.jp/
webapp/form/23041_fcib_10/index.do
特徴従来の製品よりもアイス性能と操縦安定性を高めた製品となっています。
公式HPhttps://www.toyotires.jp/

MICHELIN 「X-ICE SNOW」:9,834円〜47,670円

MICHELINが提供する「X-ICE SNOW」の価格相場は、9,834円〜47,670円です。

SUV・セダン/ワゴン・ミニバン・軽自動車など幅広い車種に使用できます。

X-ICE SNOWの価格相場

X-ICE SNOWの価格相場

(※Amazonより引用)

通販サイト単品価格(税込)
オートウェイ
カーポートマルゼン(楽天市場)21,300円〜31,200円
Amazon9,834円〜47,670円
タイプ乗用車用
タイヤサイズ175/65R15 88T XL〜235/50R21 101H
(15〜21インチ)

(※通販サイトの料金一覧:2023年10月18日時点)

MICHELIN X-ICE SNOWは日本の冬道に最適なスタッドレスタイヤとして人気の製品です。

新コンパウンド、EverWinterGrip(エバー・ウインター・グリップ)コンパウンドを採用したことにより、氷上・雪上性能と安全性を両立。

従来のモデルよりもアイスブレーキング性能・雪上ブレーキング性能・ロングライフ性能が向上した最新モデルとなっています。

日本最大級の自動車SNS「みんカラ」 でも4.58と高い評価を得ています。

X-ICE SNOWの
詳細はこちら

製品名X-ICE SNOW
運営会社名日本ミシュランタイヤ株式会社
会社住所〒163-1073
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー13F
電話番号0276-25-4411
料金9,834円〜47,670円
店舗情報札幌・東京・横浜・名古屋・大阪に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.michelin.co.jp/assistance
特徴他のX-ICEシリーズにはSVU専用、商用車専用のスタッドレスタイヤがあります。
公式HPhttps://www.michelin.co.jp/

スタッドレスタイヤ価格一覧・比較表 まとめ

ここまでご紹介したスタッドレスタイヤの料金や特徴をまとめてみました。

製品名会社名価格相場
(1本あたり)
タイプタイヤサイズ特徴
HAKKAPELIITTA
R5
ノキアンタイヤ乗用車用175/65 R14 82R〜275/35 R20 102T XL(14〜20インチ)・世界中から高い評価を得ているウィンター性能
・R5シリーズはSUV専用とEV専用も用意されている
BLIZZAK VRX3ブリヂストン           8,677円〜82,977円乗用車用135/80R12 68Q〜275/35R21 99Q(12〜21インチ)・非対称サイド形状という独自の設計でふらつきを抑制
WINTER MAXX
SV03
ダンロップ 9,536円〜59,875円   乗用車用  165/80R13 83Q〜/275/35R21 99Q
(13〜21インチ)
・ゴムがすり減りにくいので長持ちする
ICE NAVI 810,699円〜44,633円乗用車用 165/80R13 83Q〜255/35R19 96Q XL(13〜19インチ)・氷上での高いブレーキ性能・コーナリング性能がある
BLIZAKK
DM-V3
13,200円〜42,539円SUV専用175/80R15 90Q〜255/50R21 109Q(15〜21インチ) ・摩耗しにくく長持ちする。
・SUV専用のゴムを搭載
iceGUARD 7 IG70ヨコハマタイヤ10,700円〜54,252円乗用車用 165/80R13 83Q〜265/35R21 101Q(13〜21インチ)・低燃費性能に優れている
・「永く効く」性能が特徴
Winter TRANPATH TX6,245円〜59,400円ハイト系専用 165/65R14 79Q〜225/55R19 99Q(14〜19インチ)・ふらつきを抑えた安定感のある走りが特徴的
X-ICE SNOW9,834円〜47,670円乗用車用175/65R15 88T XL〜235/50R21 101H(15〜21インチ)・氷上・雪上性能と安全性を両立
・スタッドレスタイヤとして高い評価を得ている

スタッドレスタイヤの価格相場は、6,245円~83,930円でした。

タイヤのサイズにより価格には差はありますが、1本単位だと大体3,000円台~高くて4万円台です。

4本交換は5~10万円前後かかるのが相場です。

最安値はTOYO TIRESの「Winter TRANPATH TX」で6,245円~。最高値はノキアンタイヤの「HAKKAPELIITTA R5」20インチで83,930円です。

どのスタッドレスタイヤも、冬道での性能が優れているので、価格の差の決め手となるのは「どれぐらい長持ちするか」や、「省エネ性能」などの点といえるでしょう。

やはり価格が高いものほど長持ちする特徴がありますので、雪の降る地区に住んでいる方だと、長持ちするタイヤを選んだ方が良いでしょう。

タイヤ交換を依頼したい、どれがいいかわらない場合は⇒TIREHOOD

ご自身でタイヤ交換ができない。どのスタッドレスタイヤを選べばいいかわからない。

そんな方にはTIREHOODの簡単交換交換サービスがおすすめです。


TIREHOODならスマホで簡単に車種、タイヤの種類、交換する店舗を決め、交換予約をしておくだけです。

「タイヤ購入」と「タイヤ交換予約」を一度にできるサービスです。

全国のオートバックス店舗での交換が可能になっており、全国お近くのカーショップで交換してくれます。

※タイヤ選びはスタッドレスタイヤ人気ランキングも参考に

TIREHOOD公式サイト
スタッドレスタイヤ新品商品特集はこちら

TIREHOODでスタッドレスタイヤを交換するための手順

スタッドレスタイヤ交換するまでの流れ
(TIREHOODの事例)
  • STEP1
    TIREHOOD公式サイトへアクセス

    TIREHOODサイトへ行きます。

    ⇒TIREHOOD公式サイトへ

  • STEP2
    かんたんタイヤ検索
    かんたんタイヤ検索でご自身の車種に合うスタッドレスタイヤを検索します。
    TIREHOOD簡単検索
    (TIREHOODかんたんタイヤ検索画面)※車種・タイヤサイズの調べ方:
    車検証をご準備いただき下記の部分をご確認ください
    ①型式 ②初年度登録年月日(年式)タイヤサイズから検索する場合
    タイヤサイズはタイヤの側面に、メーカー名や商品名とともに表示されています。下記の写真の場合「205/65R15」がタイヤサイズになります。車体に貼られたステッカーで確認
    運転席側ドアを開けた内側の部分に、タイヤサイズとタイヤ空気圧が記載されているステッカーが貼ってあります。(車種によってはないタイプもあります。)
  • STEP3
    タイヤを選び注文する
    ご自身の車種、タイヤ幅、スタッドレスタイヤを選択すると、適合するタイヤが表示されます。その中から、希望するスタッドレスタイヤメーカーを選択し、購入します。
    TIREHOOD簡単注文(BRIDGESTONE BLIZZAK注文画面)

    4本交換+取り換え費用5,280円~

     

    ※タイヤ選びはスタッドレスタイヤ人気ランキングも参考に
  • STEP4
    交換店舗を探す
    注文が完了したら全国のオートバックスで交換の希望日を予約します。
  • STEP5
    予約当日に取付店舗へいくだけ

    予約当日に取付オートバックス店舗に行き、待ち時間ゼロ、取り換え時間最短30分で交換が完了します。

TIREHOODでは無料の6カ月保証付き、オプションで24カ月保証も加入できます。

TIREHOODの口コミを見る

TIREHOODの口コミ・評判

TIREHOODを実際に利用された方の口コミです。

TIREHOODの良い口コミ

非常にスムーズ
mさん 30代男性4.5

車の入庫から取り付け出庫まで非常にスムーズでした。 取り付け時間についても事前に伺っていた通りでした。また利用したいと思います。
(引用元:TIREHOOD公式サイトご利用者の声

20代男性サポートが充実している
rさん 40代男性5.0

店員の方の対応が良く、説明も分かり易かったです。何かあった時に気軽にガソリンスタンドでタイヤ交換やサポートができて安心でした。 ありがとうございました。
(引用元:TIREHOOD公式サイトご利用者の声

30代男性また利用したいと思います
tomoさん 30代男性4.5

古いホイール付きの冬タイヤを持ち込んで、新しい冬タイヤに組み替えて、車に取り付けてあった夏タイヤから交換してもらいました。古い冬タイヤの廃棄料もコミコミで作業してもらえるのでお得でした。今の夏タイヤが古くなったら、またお願いしようと思います。
(引用元:楽天レビュー

SNSの口コミ

TIREHOODの悪い口コミ
  • 思ったより高かった
  • 購入前及び購入後に納期確認をしたにも関わらず、納期遅延だった
TIREHOOD口コミまとめ
TIREHOODの口コミまとめ
  • TIREHOODが最安だった
  • 対応が早い
  • 素晴らしくスムーズでシンプルでいい

総じて良い口コミが多い印象です。他のタイヤ店より安く買うことができている人の口コミが多く、コスパも高いようです。スムーズに対応してくれてリピーターも多く、おすすめできるタイヤ交換サービスですね。

⇒TIREHOOD公式サイトはこちら

スタッドレスタイヤの選び方

スタッドレスタイヤの選び方

スタッドレスタイヤの価格相場について分かったところで、スタッドレスタイヤを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

スタッドレスタイヤ選びに悩んでいる方は、是非参考にしてください。

対応サイズで選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ際はまずはサイズで選びましょう。

タイヤサイズ

タイヤサイズ

引用:オートウェイ

タイヤのサイズは上記の画像のように表示され、それぞれのサイズがタイヤに直接明記されています。

サイズは必ずスタッドレスタイヤを搭載する自動車のサイズに合ったものを選びましょう。

現在ついているタイヤのサイズを同じものを購入するということが基本的ですが、中にはインチアップしたタイヤがついている場合もありますので、純正のサイズをベースに考えましょう。

製品名タイヤサイズ
HAKKAPELIITTA R5175/65 R14 82R〜275/35 R20 102T XL(14〜20インチ)
BLIZZAK VRX3135/80R12 68Q〜275/35R21 99Q(12〜21インチ)
WINTER MAXX SV03165/80R13 83Q〜/275/35R21 99Q(13〜21インチ)
ICE NAVI 8165/80R13 83Q〜255/35R19 96Q XL(13〜19インチ)
BLIZAKK DM-V3175/80R15 90Q〜255/50R21 109Q(15〜21インチ)
iceGUARD 7 IG70165/80R13 83Q〜265/35R21 101Q(13〜21インチ)
Winter TRANPATH TX165/65R14 79Q〜225/55R19 99Q(14〜19インチ)
X-ICE SNOW175/65R15 88T XL〜235/50R21 101H(15〜21インチ)

氷上性能で選ぶ

スタッドレスタイヤに求められるのは氷上性能です。

WINTER MAXX SV03の性能

WINTER MAXX SV03 性能

引用:ダンロップ

氷上性能とは、アイスバーンなどの凍った路面での性能です。

凍った路面でもブレーキをかけてしっかり止まることができるかどうかが、スタッドレスタイヤの最大の役割ですので、氷上性能が優れているものを選びましょう。

ですが氷上性能が優れすぎるあまりに、長持ちしにくいというデメリットもあります。

なので長持ちしながら氷上性能を求めるのであれば、通常の路面でも問題なく走行できるものを選びましょう。

製品名氷上性能
HAKKAPELIITTA R5従来のモデルよりも排水性・排雪性・高速操縦安定性に優れている
BLIZZAK VRX3従来のモデルよりもブレーキ性能とコーナリング性能がアップ
WINTER MAXX SV03氷上ブレーキ性能、コーナリング性能、摩耗後氷上ブレーキ性能に優れている
ICE NAVI 8氷上でのブレーキ性能、コーナリング性能のほかライフ性能に優れている
BLIZAKK DM-V3従来のモデルよりもブレーキ性能とコーナリング性能、ライフ性能がアップ
iceGUARD 7 IG70アイスガード史上最大の接地面積とブロック剛性で「氷上性能」と「雪上性能」がアップ
Winter TRANPATH TXアイス制動性能、コーナリング性能と操縦安定性を両立
X-ICE SNOW従来のモデルよりもブレーキング性能とロングライフ性能がアップ

省エネ性能で選ぶ

スタッドレスタイヤを省エネ性能で選ぶのも一つのポイントです。

省エネ性能

省エネ性能

引用:ヨコハマタイヤ

一般的にスタッドレスタイヤは通常のタイヤに比べると燃費が高くなるといわれています。

しかし近年では、スタッドレスタイヤとしての運動性能を向上させたまま、低燃費性能が高いスタッドレスタイヤもあります。

例えば上記の画像にあるようにヨコハマタイヤの「iceDUARD 6 iG60」は、夏用の低燃費タイヤと匹敵するほどの省エネ性能があるのです。

このように、雪道や冬道での性能だけでなく、燃費削減に力を入れているスタッドレスタイヤを選ぶと、経済的に負担なく車に乗ることができます。

製品名省エネ性能
HAKKAPELIITTA R5CO2排出を抑えた環境に優しいタイヤ
BLIZZAK VRX3従来のモデルより低燃費性能に優れている
WINTER MAXX SV03燃費についての記載なし
ICE NAVI 8低燃費性能付き
BLIZAKK DM-V3燃費についての記載なし
iceGUARD 7 IG70「iceDUARD 6 iG60」と同等の「燃費性能」
Winter TRANPATH TX燃費についての記載なし
X-ICE SNOW燃費についての記載なし

スタッドレスタイヤを安く入手する方法

スタッドレスタイヤを安く入手する方法

スタッドレスタイヤの購入を検討している方で、「少しでも安く手に入れる方法はないの?」と考えている方も多いのでは。

そこで、ここからはスタッドレスタイヤを安く入手する方法について解説していきます。

タイヤ専門店で購入する

「カーポートマルゼン」のように、タイヤ販売に特化している専門店でスタッドレスタイヤを購入すると、安く手に入れられる場合があります。

カーポートマルゼン

カーポートマルゼン

引用:カーポートマルゼン

タイヤの価格は基本的にメーカーが決めるのではなく、販売店が決定します。

タイヤ販売に特化しているタイヤ専門店ならば、豊富な品揃えがあり、価格の比較が複数パターン行えますので、予算よりも安く手に入る可能性があるのです。

専門店だけにタイヤの取り付けの作業レベルも高く、商品知識も豊富なスタッフが在籍していますので、自分の車種や目的に合ったスタッドレスタイヤを購入することができます。

単なる流行りやおすすめのものを勧めるのではなく、本当に必要なものを購入できるという点から、思ったよりも安く手に入る場合があるのでおすすめです。

おすすめのタイヤ専門店はこちら

タイヤ専門店でスタッドレスタイヤを購入するなら、以下の販売業者がおすすめです。ネットで購入することもできますので、わざわざ店舗へ向かう必要もありません。

業者名特徴
カーポートマルゼン・常時約30万本以上ものタイヤをストックしている。
・独自のデータベースを日々更新しているので、圧倒的な安さでスタッドレスタイヤを購入可能。
・豊富な支払方法で購入することができる。
フジ・コーポレーション・スタッドレスタイヤのパンク保証制度がある(最大30万円)。
・お得なクーポンが配布されている。
・分割払いでも購入できるので、予算が少ない方でも購入可能。
TIRE FOOD・国内の人気ブランドのタイヤを豊富に展開している。
・タイヤ交換の工賃が全国一律かつ低価格。
・パンク保証が無料でついてくる。

海外製品を購入する

国内で生産・販売されているスタッドレスタイヤよりも、海外で作られた輸入タイヤの方が安く手に入ることがほとんどです。

オートウェイ

オートウェイ

引用:オートウェイ

アメリカやヨーロッパで作られたタイヤは、国産タイヤと比較しても性能に大差がないのが特徴的です。

さらにアジア地域で作られたスタッドレスタイヤは、国産のものよりも半額以下で手に入れることができるものも多く、比較的安く手に入れることができるのが魅力。

品質や性能にそこまでこだわりがないのであれば、輸入タイヤを手に入れるということも、安く手に入れるうえで頭に入れておくといいかもしれません。

海外製スタッドレスタイヤを購入するならこちら

輸入もののスタッドレスタイヤを手に入れるなら、下記の販売サイトがおすすめです。

業者名特徴
オートウェイ・国内最大級に輸入タイヤの在庫数が多い。
・配送が早く1週間以内にタイヤ交換が可能。
・取り付け店(加盟店)が全国各地にあるので、すぐに取り付けができる。
タイヤワールド館ベスト・大型のホイールサイズまでタイヤ交換に対応可能。
・国内ブランドだけでなく輸入タイヤも豊富に展開している。
・タイヤ関係だけでなく車のメンテナンス全般に対応してくれる。
オートショップトシ・自動車の中古タイヤや輸入タイヤを全国どこでも発送してくれる
・タイヤサイズがわからない場合は、車種などを伝えれば合ったものを提案してくれる。
・格安の輸入タイヤが豊富に展開されている。

チェーン・スノーソックスにする

イッセ・スノーソックス

わざわざスタッドレスタイヤに取り替えなくても、チェーン、またはスノーソックスをタイヤに取り付ける方法もあります。

チェーンはタイヤの外側から装着する金属製の装置で、スノーソックスは布地でできたタイヤにかぶせるタイプの装置です。

どちらもタイヤが雪や氷の上でスリップするのを防ぎ、車の安定性を向上させます。

スノーソックスは、チェーンよりも軽量で車両への取り付けには特別なツールが必要ありませし、価格もリーズナブルです。

例えばヨーロッパを代表する布製タイヤチェーンのメーカー「ISSE(イッセ)」のスノーソックスの価格は13,530円〜です。

イッセ・スノーソックスの価格相場

イッセ・スノーソックスの価格相場

(※イッセ公式サイトより引用)

料金(税込)
クラシック13,530円〜
スーパー19,800円〜
トラック アンド バス35,574円〜

(※イッセの料金一覧20231019日時点)

イッセ・スノーソックスは、業界最強の耐久性を誇る生地を使用しており、金属チェーンと匹敵するグリップ力を提供します。これにより、深雪やアイスバーン、湿った雪道でも安心して走行できます。

また、年に数回の使用であれば洗浄と保管を行うことで、数年は使用することが可能です。

乗用車はもちろん、SUVや大型乗用車までサイズも豊富です。

冬用タイヤへの切り替えにかかる時間や経済的コストを気にする必要がないのでオススメです。

⇒イッセ・スノーソックス公式サイトはこちら

スタッドレスタイヤのよくある質問・FAQ

スタッドレスタイヤはどのくらいの頻度で交換が必要ですか?

スタッドレスタイヤの使用期間は、一般的に3シーズンが目安です。タイヤの寿命は劣化によるもので、正しく保管していても徐々に硬化します。タイヤメーカーが性能保証する期間は通常3年であり、その後の使用には注意が必要です。最近の技術進化によりロングライフ性能を謳うタイヤも登場していますが、劣化を避けるためにも3年程度を基準に考え、新しいタイヤへの交換を検討しましょう。安全性を確保するため、タイヤの性能と寿命を理解し、適切な時期に交換することが重要です。
(参考:チューリッヒ保険会社|スタッドレスタイヤの交換時期。いつまで履く?

スタッドレスタイヤはどのように保管すればいいですか?

ホイールの有無で置き方が異なります。ホイール付きの場合、空気圧を適正値の半分くらいにし、横置きが理想的です。縦置きはホイールの重みがフラットスポットを生む可能性があります。タイヤ単体の場合は変形と傷み防止のために縦置きがベター。横置きでも半年程度なら問題ありません。ただし、横置きでは定期的に上下を入れ替えるとタイヤに優しいです。保管場所は直射日光や水分を避け、ガレージや冷暗所が理想。屋外の場合は防水カバーで覆い、風通しの良い場所に置くことが重要です。
(参考:AUTOBACS|タイヤの正しい保管方法と便利グッズ3選

スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤと比べてどれくらい性能が違いますか?

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの性能差について。スタッドレスは冬季向けで雪や氷上のグリップが強く、特に寒冷地向け。ノーマルタイヤは夏季向けで硬いゴムで高温に対応。雨時にも踏ん張りますが、雪面でのグリップが不足。スタッドレスは柔軟性と特有の溝で安定したグリップ。違いは主に使用状況と劣化特性。選び方は道路や気温など状況に応じて検討が必要です。
(参考:グーネットピット|ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの違いと見分け方

スタッドレスタイヤを履くと燃費に影響はありますか?

スタッドレスタイヤの燃費への影響について簡潔に説明します。スタッドレスタイヤは柔らかいゴムと重い構造のため、夏用タイヤに比べて転がり抵抗が大きく、舗装路での燃費性能が劣ります。一方で雪道や凍結路面では優れた性能を発揮します。使用状況によって適切なタイヤの選択が重要で、冬季の寒冷地域での走行が多い場合は、スタッドレスタイヤが適しています。
(参考:イエローハット|スタッドレスタイヤ装着時の燃費性能はどうなる?冬の燃費悪化の原因を解説

スタッドレスタイヤはどのようにメンテナンスすればいいですか?

タイヤの寿命を延ばすためには、定期的な点検が重要です。異常や傷がないか確認し、空気圧は月に一度確認してください。正確な圧力を保つことが寿命に寄与します。定期的な位置交換やアライメント調整も摩耗を均等に分散させる助けになります。保管は直射日光や雨から守り、専用カバーを使うか室内に置くことが大切です。安全運転で急なブレーキやハンドル操作を避け、タイヤにかかる負荷を減らすことも寿命延長につながります。
(参考:ブリヂストン|タイヤの寿命はどれぐらい?知っておきたい交換時期と見分け方

スタッドレスタイヤはどのように走行すればいいですか?

スタッドレスタイヤは雪や氷上の性能に優れ、急発進や急ブレーキを避け、早めのブレーキと慎重なハンドル操作が重要です。気温変化にも敏感に対応し、慣らし走行をすることで最大限のグリップ性能を発揮。冬の安全運転に寄与します。
(参考:ブリヂストン|スタッドレスなんでもQ&A – 冬タイヤの基礎知識

スタッドレスタイヤはどのように廃棄すればいいですか?

不要なスタッドレスタイヤを処分する方法はいくつかあります。まず、タイヤ販売店やカー用品店では、新しいタイヤを購入する際に不要なタイヤを引き渡すことができます。ガソリンスタンドもタイヤ処分を受け付けており、地域によっては無料で引き取ってくれることもあります。また、カーディーラーや整備工場でも不要なタイヤを引き取ってもらえます。最後に、不用品回収業者に依頼する方法もありますが、料金が高いことや悪徳業者に注意が必要です。適切な方法を選んで簡単に不要なタイヤを処分しましょう。
(参考:グーネットピット|スタッドレスなんでもQ&A – 冬タイヤの基礎知識

まとめ

スタッドレスタイヤの価格相場は、6,245円~83,930円と幅広く、国産メーカーのものでも性能や特徴が異なります。

価格で選ぶのも大切ですが、スタッドレスタイヤとしての性能が十分にあるか、長持ちするかどうかなども比較して選ぶことが大切です。

性能としてみるべきは、「氷上性能」・「省エネ性能」です。冬の道でいかにタイヤとしての役割を発揮するのか、その特徴に着目しましょう。

スタッドレスタイヤを購入できるところはたくさんありますが、安く手に入れたい方は輸入タイヤで選ぶなど予算に合わせて購入しましょう。

スタッドレスタイヤ交換は「TIREHOOD」を利用すると安く、スムーズに交換できますので、こちらもお役立てください。

スタッドレスタイヤの価格相場の比較表

ロゴ画像ノキアンタイヤブリヂストンダンロップグッドイヤーブリヂストンヨコハマタイヤTOYO TIRESX-ICE SNOW
画像HAKKAPELIITTA R5BLIZZAK VRX3WINTER MAXX SV01ICE NAVI 8BLIZAKK DM-V3iceGUARD 7 IG70Winter TRANPNPATH TXX-ICE SNOW
製品名HAKKAPELIITTA R5BLIZZAK VRX3WINTER MAXX
SV03
ICE NAVI 8BLIZAKK
DM-V3
iceGUARD 7
IG70
Winter
TRANPATH
TX
X-ICE SNOW
メーカー名ノキアンタイヤブリヂストンダンロップグッドイヤーブリヂストンヨコハマタイヤTOYO TIRESMICHELIN
一本当たりの
価格相場
8,677円〜82,977円9,536円〜59,875円10,699円〜44,633円13,200円〜42,539円10,700円〜54,252円6,245円〜59,400円9,834円〜47,670円
タイプ乗用車用乗用車用乗用車用乗用車用SUV専用乗用車用ハイト系専用乗用車用
タイヤサイズ175/65 R14 82R〜
275/35 R20 102T XL
(14〜20インチ)
135/80R12 68Q〜
275/35R21 99Q
(12〜21インチ)
165/80R13 83Q〜
/275/35R21 99Q
(13〜21インチ)
165/80R13 83Q〜
255/35R19 96Q XL
(13〜19インチ)
175/80R15 90Q〜
255/50R21 109Q
(15〜21インチ)
165/80R13 83Q〜
265/35R21 101Q
(13〜21インチ)
165/65R14 79Q〜
225/55R19 99Q
(14〜19インチ)
175/65R15 88T XL〜
235/50R21 101H
(15〜21インチ)
特徴北欧でトップクラスのシェアを誇る、卓越したアイス・スノー性能を持ったスタッドレスタイヤです。降雪地帯向き。冬道だけでなく通常の路面でも安定感があります。氷上性能特化型で乗用車におすすめのスタッドレスタイヤです。最新のテクノロジーを搭載しており、雪が多く降る地域に住んでいる方におすすめです。氷上だけでなく雨の中でもしっかりとした性能を発揮します。従来のタイヤよりも騒音を約33%カット。快適にドライブが楽しめます。路面でのドライブとほとんど変わらない氷上での走りを実現しました。氷上・雪上性能と安全性を両立。日本の冬道に最適なスタッドレスタイヤです。

関連記事

当サイトではその他、「オールシーズンタイヤの価格相場」「ドライブレコーダーの価格相場」や「カーシェアの料金相場」等、車に関する記事もございます。

ドライブレコーダーの価格相場と選び方【各メーカー徹底比較】
ドライブレコーダーの価格相場と特徴を各社比較。選び方とおすすめをご紹介しています。ドライブレコーダーはどこを選べばいいかお悩みの方のために最適な選択をしていただくために当記事は作成されています。

その他、車関連については他にもございますのでお役立てくださいね。

車関連の他の記事も見る

著者情報等

この記事を書いた人

株式会社ContextJapanライターチーム

株式会社ContextJapan、料金相場.jpのライターチーム、平均ライター歴10年以上、様々なサービスを自身が体験し、質の高い調査記事を作成しています。スタッドレスタイヤについても多数経験あり、記事作成に当たり実際に商品を調査、口コミ、体験談なども募集し、各商品のメリット・デメリットを徹底調査しています。調査力の高さ、記事の信頼性に定評のあるライターチームです。代表は公認会計士の資格を持っています。
コンテンツ作成責任者・ライター詳細はこちら

スタッドレスタイヤの売上ランキングも見てみよう。

参考までに、スタッドレスタイヤのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

スタッドレスタイヤのAmazonの売れ筋順の商品ラインナップを見る

スタッドレスタイヤを含むカテゴリのAmazon売れ筋ランキングを見る

※記事で紹介したスタッドレスタイヤを購入しますと、料金相場.jp(運営:株式会社ContextJapan)に売上の一部が還元されることがあります。
※掲載されている情報は、料金相場.jp(運営:株式会社ContextJapan)が独自にリサーチした時点の情報です。掲載価格に変動がある場合や転記ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、各ドスタッドレスタイヤメーカー公式サイトよりご確認ください。